r129-rotary-child-seat_【R129】回転式チャイルドシート全モデル検証!おすすめの6台と最適の1台を選ぶ方法Little hands and little feet / treehouse1977

こんにちは「とある医師」です。

赤ちゃんが生まれる準備として様々な準備を進めていると思います。

そんな中チャイルドシートについて悩み、ネットや店舗で情報を集めている方も多いことでしょう。

比較記事や、コンビやアップリカという国内大手メーカーのチャイルドシートでも「新安全基準R129」という単語が散見されるようになりました。

チャイルドシートの「新安全基準R129」

赤ちゃんの安全のために買おうとしている方にとっては大変気になりますよね。

この記事では、結局はベビーシートを購入したため日の目を見ることはなかったものの、我が家で回転式チャイルドシートを買おうと真剣に悩んだ時に調べた内容を基に、チャイルドシートの新安全基準R129とは何か?という疑問点からR129と旧R44の違いについてまとめました。

そしてコンビ、アップリカ、エールベベ(カーメイト)、日本育児、リーマン、マキシコシ、サイベックス、ブリタックス・レーマー、Joie(ジョイー)、レカロ、グレコ

こうした錚々(そうそう)たるメーカーから、新生児から使える回転式チャイルドシートのうち【R129適合】モデルを全て網羅した上で、基本となるおすすめの5台と、【R129適合】回転式チャイルドシートを価格帯と特徴ごとに分類し、大切な我が子にピッタリの1台を探すお手伝いをします。

チャイルドシートの新安全基準R129とは何か?


Cars / bichuasチャイルドシートの新しい安全基準R129は、i-Sizeとも言われますが、簡単に言うと「より赤ちゃんの安全性に配慮した基準」と言えます。

具体的に言えば、

R129(i-Size)とは;さらに赤ちゃんの安全性に配慮した基準

  • 前後方向のみならず横方向からの衝撃にも備えるようになった
  • ばらつきの多い体重→身長が基準
  • 後ろ向き期間を12ヶ月→15ヶ月に延長

大きな点で言えばR129にはこうした特徴があります。

旧) R44と新) R129の違い

新) R129と旧) R44の違いをイメージさせる写真
Two Il-14 / Aleksander Markin. Александр Маркин

では、旧) R44と新) R129はどこが違うのでしょうか?

上記も含め、もう少し細かい部分まで拾い、比較した表にします。

【旧) R44と新) R129の違い】

旧) R44 新) R129
前後の衝撃から守る 前後+側面からの衝撃からも赤ちゃんを守る
体重によって適応が決定 身長によって適応→個体差が少なく、
より赤ちゃんの体型にフィット
後ろ向き期間は12ヶ月 安全な後ろ向きは15ヶ月までに延長
→より赤ちゃんの安全に配慮
衝撃測定に衝撃センサーは不要 衝撃測定に、センサー装着必須
シートベルト/ISOFIX固定 ISOFIXのみ

ISOFIXとR44とR129 用語を整理する

横文字が続き混乱されるかも知れませんので、用語の整理をします。

まずISOFIXはチャイルドシート本体の取り付け方の規格です。

対してR44とR129はチャイルドシート本体の安全基準です。

R129はISOFIX固定が必須ですのでシートベルト固定のR129適合というチャイルドシートは存在し得ません。

逆にR44は、シートベルト固定もISOFIX固定いずれも適合するため、R44に適合するシートベルト固定チャイルドシートもISOFIX固定チャイルドシートも併存しています。

新生児から使える【R129】回転式チャイルドシート全機種を検証

R129に適合する回転式チャイルドシートは12台であることをイメージさせる写真
12 / Lapichon

2020年2月上旬現在のR129適合回転式チャイルドシートを網羅的に調べました。

対象メーカーは国内ブランドとしてはコンビ、アップリカ、エールベベ(カーメイト)、リーマン、日本育児、ネビオ、マムズキャリー。

海外ブランドとしてはマキシコシ、サイベックス(セカンドラインのcbxも)、ブリタックス・レーマー、Joie( ジョイー)、レカロ、グレコについて調べました。
このうちR129に適合する回転式チャイルドシートを発売しているのはコンビ、アップリカ、リーマン、マキシコシ、サイベックス、ブリタックスレーマー、レカロのみです。
これらの実売価格、重量を一覧にしたものが下の表です。
ただしショップ限定モデルは割愛しています。

【R129適合回転式チャイルドシート】

名称 重量 実売価格*
コンビ THE S ISOFIX
THE S Air ISOFIX
13.7kg 67,000円
67,000円
アップリカ フラディア グロウ ISOFIX 360° セーフティー
クルリラ プラス 360° セーフティー
クルリラ プラス
15.2kg
15.2kg
14.8kg
62,400円
57,000円
46,000円
リーマン ラクールISOFIX 14.8kg 59,000円
マキシコシ アクシスフィックス プラス 12.5kg 69,300円
サイベックス シローナS i-Size
シローナZ i-Size
15kg 70,400円
83,600円
ブリタックス・レーマー DUALFIX i-SIZE 15kg 77,700円
レカロ ゼロワン・エリート
ゼロワン・セレクト
18.9kg 82,000円
59,000円

*;2020年2月上旬時点でのAmazon、楽天市場のうち最安値の概算を記載

2020年2月上旬現在のR129に適合する回転式チャイルドシートは
実は12台のみとなっています。

R129に適合する回転式チャイルドシートは12台しかないというのは驚きの少なさですが、このうちサイベックス シローナZとレカロ ゼロワン・エリートは、分離してベビーシートとして使用だったりと付加価値が付いた代わりに一層高くなっています。

それらを除外した一般的な回転式チャイルドシートでR129に適合するのは10台

かなり絞られますが、逆に言えばまだ10台もあります。

これらの中からご家庭に最適なモデルを選ぶにはどうしたら良いのでしょうか。

価格が二の次ならブランドで選べば◯

そもそも回転式チャイルドシートは非回転式チャイルドシートに比べ高価ですし、最新の安全基準であるR129はいずれも高価です。

従って価格よりメーカーへの安心感、こだわりを重視される場合にはご自身の感性で選べばどの機種を選んでも間違いないと思います。

【R129】回転式チャイルドシートを価格帯と特徴で分類


Coins / 120600995@N07

ここからは実際に選ぶ際に重要なファクターである実売価格帯で分けて考えます。

先の表をまとめ直し、特徴も追記したものを並べます。

因みに実売価格は、2020年2月現在のAmazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの最安値を用い、四捨五入したものを用いています。
(例えば57,000円→6万円台、72,000円→7万円台)

【Under5万円】

メーカー 名称 特徴
アップリカ クルリラ プラス 最安値

 

【6万円クラス】

メーカー 名称 特徴
アップリカ クルリラ プラス 360° セーフティー
リーマン ラクールISOFIX 国内製造
レカロ ゼロワン・セレクト 重い
アップリカ フラディア グロウ
ISOFIX 360° セーフティー
ベッド型

 

【7万円クラス】

メーカー 名称 特徴
コンビ THE S ISOFIX
THE S Air ISOFIX
ベッド型
軽量
マキシコシ アクシスフィックス プラス 軽量
サイベックス シローナS i-Size

 

【8万円クラス】

メーカー 名称 特徴
ブリタックス・レーマー DUALFIX i-SIZE 安全性で高評価

【R129】回転式チャイルドシート おすすめの6台

R129適合回転式チャイルドシートを価格と特徴で選ぶことをイメージさせる写真
select / mikecohen1872

ここからは価格と機能からおすすめの6台を紹介していきます。

R129適合回転式チャイルドシートの基準はアップリカ クルリラ プラス

価格帯で分類し直しすとアップリカ クルリラ プラスが全ての基準となることが分かります。

R129に適合する回転式チャイルドシートながら実売価格で5万を下回るのは驚異的です。

なぜならR129に適合しない、つまり旧) R44適合の回転式チャイルドシートでも同価格帯で未だに多数販売されているからです。

従って、破格のアップリカ クルリラ プラス以外を選ぶなら驚異的な価格差を上回るメリットがあるか否かがポイントになりそうです。

《ベッド型》ならコンビかアップリカ

アップリカ クルリラ プラスは【イス型】ですので【ベッド型】が良いならコンビのTHE Sかフラディア グロウ ISOFIX 360° セーフティーが候補です。

現状フラディア グロウ ISOFIX 360° セーフティーの方が5,000円程度安いですので、価格で選ぶならフラディア グロウ ISOFIX 360° セーフティーが有力です。

ただコンビのTHE Sは比較的軽量という点とコンビのお家芸であるエッグショックがメリットと言えます。

軽量であることは、付け替える機会がある方にとっては案外重要な要素です。

またTHE Sは、アップリカのみ独占していた【ベッド型】に対してコンビが満を持して後発ながら投入しており、アップリカを相当意識している筈ですので、そうした期待感から選ぶのも一つだろうと思います。

《国内製造》にこだわる

産地にこだわる場合、リーマンは国内製造にこだわったメーカーです。

Made in Japanに期待するならリーマン ラクールISOFIX一択です。

リーマンは長らくチャイルドシートを製造販売している日本メーカーで安心です。

《軽量》にこだわる

複数の車で使用する可能性があるなら軽量であることは大きなメリットです。

最軽量はマキシコシのアクシスフィックス プラスです。

ただコンビのTHE Sもほぼ同等ですので、価格帯も同等かつ【ベッド型】という大きなメリットもあるため軽量重視ならコンビのTHE Sも有力候補です。

《安全性》にこだわる

R129適合機種を考えられている方なら間違いなくチャイルドシートに求めるものは安全性だろうと思います。

一般的には十分なR129ですが、その中でもより安全性にこだわった時、候補となるのはブリタックス・レーマーです。

ブリタックス・レーマーはイギリス王室御用達ブランドで、メルセデス・ベンツの公式チャイルドシートとしても採用されるなど世界中から支持されています。

回転式チャイルドシートDUALFIX i-SIZEについても、

DUALFIX i-SIZEは特殊鋼製エレメントを内蔵した衝撃吸収機構SICT(Side Impact Cushion Technology)を装備し、側面衝突時のエネルギーをシート全体に分散・吸収してお子様の受傷リスクを軽減させます。

と公式HPにも紹介されている通り、
より一層安全性に配慮されたモデルとなっています。

【R129】回転式チャイルドシート全モデル検証!おすすめの6台と最適の1台を選ぶ方法 まとめ

R129(i-Size)とは;

  • さらに赤ちゃんの安全性に配慮した基準

旧) R44と新) R129の違い;R129の優れているところは

  • 側面からの衝撃に配慮
  • ばらつきの少ない身長を基準
  • 使用期間が15ヶ月に延長
  • 検査がより実践的な方法に変更
  • ISOFIX固定が義務付け

【R129適合回転式チャイルドシート全モデル検証してわかったおすすめの6台】

  • 《驚異的なコスパで全ての基準》アップリカ クルリラ プラス
  • 《ベッド型希望》価格重視ならアップリカ フラディア グロウ ISOFIX 360° セーフティー。軽量さ、コンビへの期待感を持つ方はコンビ THE Sシリーズ
  • 《Made in Japan》リーマン ラクールISOFIX
  • 《軽さ》マキシコシ アクシスフィックス プラスかコンビ THE S シリーズ
  • 《さらなる安全性》ブリタックス・レーマー DUALFIX i-SIZE

 

個別に取り上げていないレカロやサイベックスなどのモデルですが、これらを決して否定する意図はなく、細かな美点はもちろんたくさんあるだろうと思います。

(実際同じく新生児に使用するベビーシートで、ボクはマキシコシとサイベックスのセカンドラインであるcbx製品を使用していました。
使用感や選ぶに至った過程などに興味をお持ちの方は関連記事もご覧下さい)

メーカーへの信頼感や「ブランド」、デザインで選ぶのも一つですし、こういう考え方をすれば比較しやすいという一例ですので、参考になれば幸いです。

なお回転式チャイルドシート全般の選び方をまとめた記事もありますので、合わせてご覧になって下さい。

【R129適合回転式チャイルドシートの基準 アップリカ クルリラ プラス】

【国内製造ブランド リーマン ラクールISOFIX】

【ベッド型とお値段重視ならフラディア グロウ ISOFIX 360° セーフティー】

【ベッド型と軽さを備え、後発としてのコンビに期待するならコンビ THE S ISOFIX】

【軽さを重視するならマキシコシ アクシスフィックス プラス】

【安全性をより重視ならブリタックス・レーマー DUALFIX i-SIZE】

【その他のモデル】

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事